回回日記

続けばいいな。

aikoといきものがかり吉岡さん

f:id:hoihoitea:20160921203621j:plain

aikoが19日のMステ10時間スペシャル(ウルトラフェス)の17:00に出るというから録画して見た。

aikoの出番はいきものがかりと同じタイミング。タモリさんが「なんか交流あるの?」とトークを始めると、aikoいきものがかりの吉岡さんがドライブして海に行ったエピソードが披露された。

なんだかんだ普段着の状態でずぶぬれになって、近所の服屋で着替えて帰ったという落ちななんだけどまあそれは置いといて、私が好きだったのは、ドライブの際にはaikoが運転し吉岡さんがaikoのアルバム「夏服」を歌っていた、というくだり。

aikoが言うには吉岡さんは難しい曲を飛ばしつつ歌唱していたらしい。私は音楽的センスがないので、どの曲が難しいといって歌わなかったのかイメージつかなかったけれど。

しかし「夏服」の曲と吉岡さんか…。吉岡さんが33歳で「夏服」の発売は2001年だから、リアルタイムで知ってたら彼女は当時18歳、女子高生くらいだ。そん時に凄く聴いてたのかな、と思うとなんだか素敵に思う。

そもそも、aikoは吉岡さんは仲良かったんだね知らなかった。こういうアーティスト同士の交流を知るのは面白いな。トークの最中、私は吉岡さんがからaikoへの尊敬してるオーラを感じたのも良かった。

 

aikoのステージの方は「ボーイフレンド」と「あたしの向こう」だったよ。(公式HPで知ってたけど)

この組み合わせだと前半はストリングスが暇になって後半は管楽器がひまになるんだなあ。もう暇なときは適当にリズムとるしかないよね。ボーイフレンドで楽しそうに体揺らしてるストリングスのお姉さん良い感じだった。

「あたしの向こう」ではaikoがライブのノリでスピーカーに足乗せて倒すという事件が発生。歌は上ずってaikoははにかんでたよ。「やっちゃった」って感じ。

スピーカーが倒れたままステージは進んだけど、最後にはいつの間にか倒れたスピーカーが元通り立ち上がってたのにびっくり。カメラがピアノとかにスイッチングしたわずかなタイミングにスタッフさんがササッと直したのだろう。さすがMステスタッフ。

 

まあこんな感じの記事でした。

 

今度は「恋をしたのは」の記事を書くよ。フル聴くのが楽しみだなあ。ラジオ解禁されてるらしいけど私はまだ聴いてないの。これ書いてる時点でpvは見てるけどアマゾンで頼んだCDはまだ来ていない。Amazonさんはやく!