回回日記

続けばいいな。

暁のラブレターの件

f:id:hoihoitea:20170405061444j:plain

スマホで聞いてるaikoのアルバム「暁のラブレター」の4曲目「ふれていたい」の後半にノイズが入ってる問題について困ってました。なんかカセットテープのテープがきゅるきゅるーって感じの音が入っていて…。(伝わらない)

いい加減あらかじめ入れなおそうと家にある2枚の「暁のラブレター」を掘り出しました。2枚とも中古で手に入れたもので、2枚の内1枚はインポートに使っていないのです。

見つけたCDを物色しているとインポートに使った方が初回生産限定盤ジャケットのCCCDでもう片方が通常版ジャケットのノーマルなCDであることに気づきました。

CCCDというとなんだか音質が悪いしコピーにも制限がかかっていたりする音楽業界の負の遺産(?)みたいな代物らしいです。aikoのCDも「えりあし」「かばん」「暁のラブレター」の3枚はCCCDで発売されたと聞いてたのですが、普通のバージョンがあるのか?

むむ、と調べるとaikoのCDはCCCDを廃止して普通のCDとして再発売したことと、SACDというとにかく高音質みたいな版で発売した事があるらしいですね。

参考ページ2つ↓

aiko.com

暁のラブレター

 

私が持ってる普通のCDは通常版ジャケットなのでおそらくはSACDの方だと思います。しかしながらそのケースが初回盤のものになっているのがちょっと気になって。SACD版は初回仕様のケースで通常版ジャケットなのかな?

歌詞カードやケースにSACD版かどうか分かる記述がないのがじれったい。当時の事を知らないのもじれったい。

 

まあともかく新しく入れなおして多分SACDの音質の良い「ふれていたい」を気持ちよく聴こうと思います。

 

それだけの件でした。