回回日記

続けばいいな。

aikoの「予告」!!!

 

新曲です

 

 

うおおおおお!!!やったぜ!!!

と雄叫びを思わず挙げたくなる情報が入って参りました。それはaikoが出演するオールナイトニッポン50周年「岡村隆史のANN歌謡祭in横浜アリーナ2017」の日の事でした。aikoの新曲が発売されることが発表されたのです。

新曲タイトルは「予告」。発売日は2017年11月29日。通算37枚目のシングルで、前のシングル「恋をしたのは」よりおよそ1年と2か月ぶり。シングル発表のインターバルとしては、2009年2月18日発売「milk/嘆きのキス」から、2010年2月3日「戻れない明日」の一年間を超える最長です(多分。間違えてたらごめんなさい)。いやあ長かった。

 

にしてもタイトルが気になる

 

 「予告」だって? 予告と聞いて思い浮かぶ単語なんて、次回予告、ホームラン予告、犯罪予告(物騒)、他には特に…。aikoの曲なので恋愛曲なのだろうと思いますが、あまりそれに派生しないような単語です。

世の中の作品に目を向けてみると作家の東野圭吾の人気作品にありそうな感じ。「秘密」とか「変身」とか。また、Jpopでは平井堅の「告白」が思い浮かびました。(他にも幾らでもあると思いますが)

 


平井堅 『告白』

 

東野圭吾作品はミステリーで「告白」もミステリアスな雰囲気の曲…。

やっぱり予告という単語にはなんとなくサスペンスなイメージがあると思います。

今回のaikoは何を「予告」するのでしょうか。

 

 

どんな曲だろうか

 

aikoの過去曲から考えると…普通にあったわ「予告」みたいな感じのタイトル。7thシングル「初恋」のカップリング曲「脱出」。もう少し考えると8thシングル「秘密」収録の「秘密」、「約束」もある。しかしながらこの2曲は恋愛的な場面でも普通に使われそうなので同じようだというのは違うか…。

「脱出」はギターが印象的なロックです。歌詞は複雑な恋愛感情をうたっているようですが、私には難解でこれ以上はせつめいしづらいです(逃げ)。

私は「予告」は「脱出」のようにロックなテイストな曲だと思います。どうしても「予告」でポップな明るい曲になるとは考えづらいです。バラードという線もありますが、最近のシングルの傾向から考えると「もっと」、「恋をしたのは」とバラード寄りの楽曲続きと考えると、ロックなのでは、と思います。

 

 

おわりに

 

なにかな、なにかな、と予想してみるのも楽しいですが、その答えが11月2日(木)のニッポン放送岡村隆史オールナイトニッポン」で聴けます。もうすぐです。早い!嬉しい!このラジオは必聴です!

タイアップはなさそうだなーと思いますが、CDジャケットとかカップリング曲とかインタビュー記事とかテレビ出演とか!色々な楽しみが押し寄せてきます。

 

わくわくしながらこの1か月過ごせそうです。ありがとうaiko

 

おわり。